« カルボナーラ | Main | サワラのあぶり焼き刺身 »

ほうたれイワシの自家製アンチョビ

20140511_1fa4e0カタクチイワシの通称、諸説ありますが口の位置が下部にあるため「頬が垂れてる」ように見えてホウタレ..という形状説が有力かなと。大抵は煮干しになる魚ですが、三津浜ではお刺身OKな鮮度のほうたれイワシが魚屋さんに出回ります。このカタクチイワシは煮干しの他 アンチョビやナンプラー(魚醤)の材料としても使われてまして、実は世界のあちこちの食卓でダシや調味料として活躍しているのです。ということを踏まえ 作ってみたのがこのひと品。鮮度の良いほうたれを捌いて塩漬け、浮き上がった水分もそのままに一ヶ月熟成、熟成後さらに2週間オリーブオイルに漬け込んで熟成させました。

|
|

« カルボナーラ | Main | サワラのあぶり焼き刺身 »